プランサービス

住宅の保有にかかる税金

住宅を購入した後、保有しているときにかかる税金についてです。


不動産を買った後にかかる税金

住宅を購入した後、保有中にかかる税金は2種類あります。


固定資産税

固定資産税とは、固定資産(土地、家屋、償却資産など)の所有(保有)に対して課税されるもので、毎年、1月1日時点の土地・建物の所有者に対して市町村が課税します。

納税通知が所有者に届きますので、一括納付をするのか、あるいは年4回の分納にするのかを納税者は選択できますよ。

なお、借地権(地上権・賃借権)は土地に含まれないため課税対象外です。


都市計画税

都市計画税とは、都市計画事業または土地区画整理事業に要する費用に充てるために特定の区域内に所在する土地や家屋に限って課税されるもので、毎年、1月1日時点の都市計画区域内にある土地・建物の所有者に対して市町村が課税します。

なお、都市計画税は固定資産税と一体に課税されることから、一通の納税通知書に記載されます。

* 資金計画の問題を解決したい!
そんな方には…

情報サイト内の関連ページを見よう


テーマ別・情報サイト一覧

資金計画離婚 契約税金 法令その他

出版書籍のご案内

代表の本鳥有良が執筆した出版書籍のご紹介です。


はじめての家の買い方 中古マンションの選び方・見分け方 宅建資格を120%活かす方法 新人不動産営業マンが最初に読む本





ページトップへ戻る
Copyright(C)Plan-service.All rights reserved.