プランサービス

住宅購入時にかかる税金

住宅を購入するときにかかる主な税金についてです。


住宅を買うときの税金

住宅を購入するときにかかる税金は主に4種類あります。


不動産取得税

不動産取得税とは、売買や交換、贈与等によって土地や家屋などの不動産(借地権は対象外です)を取得した場合や、新築・増築を行った際に、都道府県が課税する税金です(相続による取得は非課税です)。

なお、不動産の取得にあたっては、有償無償の別や登記の有無は関係なく、課税されます。
ただし、不動産取得税には軽減措置がありますので、要件を満たせば課税されない場合もありますよ。


登録免許税

登録免許税とは、登記、登録、特許、免許などを受ける場合に課税される国税です。

土地や建物を購入したときは、所有権保存登記や所有権移転登記などを行いますが、こうした登記をする際にかかる税金で、登記の種類によって税率が異なります。
ただし、建物を新築した際に行う表示登記には登録免許税が課税されませんよ。


印紙税

印紙税とは、売買や交換などによって不動産を取得する場合の「不動産売買契約書」や、新築・増築を行う際の「建設工事請負契約書」などの課税文書に対して国が課税する税金です。

印紙税額は、課税文書の種類と記載された金額に応じて決まります。また、納税は印紙を課税文書に貼付し、消印することで完了します。

ちなみに、個人間売買の場合、売主から買主へ渡す売買代金の領収書には収入印紙を貼付しなくていいんですよ。


消費税

課税事業者が行う国内取引に対して課税されるもので、不動産の場合は建物代金や仲介手数料等に課税されることになります。

したがって、個人の方が自宅を売却するようなときには、建物の代金について消費税がかからないんですね。

* 資金計画の問題を解決したい!
そんな方には…

情報サイト内の関連ページを見よう


テーマ別・情報サイト一覧

資金計画離婚 契約税金 法令その他

出版書籍のご案内

代表の本鳥有良が執筆した出版書籍のご紹介です。


はじめての家の買い方 中古マンションの選び方・見分け方 宅建資格を120%活かす方法 新人不動産営業マンが最初に読む本





ページトップへ戻る
Copyright(C)Plan-service.All rights reserved.