プランサービス

離婚による住宅分与の方法

離婚に伴い自宅を財産分与するときに考えられるさまざまな分け方と、それぞれの注意点についてです。


住宅を財産分与する方法

離婚に伴い財産分与をする場合、婚姻後に購入した自宅などの不動産も財産分与の対象となります。
そこで、一般的なケースとしていくつか事例をご紹介しましょう。


夫名義の住宅について離婚と共に売却する場合

夫名義の住宅について離婚と共に売却する場合、売却によって得られたお金(住宅ローンがある場合には、残高を差し引いた後の手取額)が財産分与の対象となります。

たとえば、今暮らしている住宅を離婚に伴い3,000万円で売却したとします。
売却時点での住宅ローンの残債は2,500万円、売却にかかる諸費用が100万円だったとすると最終の手取額は、3,000万円-(2,500万+100万円)=400万円となります。
この400万円が財産分与の対象となりますね。


夫が住み続け、かつ住宅名義を持ち、住宅ローンの返済も続ける場合(つまり、妻が家を出ていくケースです)

夫が住み続け、かつ住宅名義を持ち、住宅ローンの返済も続ける場合、家を出ていく妻に対して金銭などによる財産分与を行います。
この場合では、住宅の時価から住宅ローンの残高を差し引いた額が財産分与の対象となりますね。

たとえば、時価3,000万円の住宅があり、住宅ローンの残債が2,500万円だった場合、財産分与の対象となる金額は、3,000万円-2,500万円=500万円となります。
なお、「時価」は不動産会社などで査定してもらうといいでしょう。


妻が住み続けるが、住宅名義と住宅ローンの返済は夫のままである場合(つまり、夫が家を出ていくケースです。)

妻が住み続けるが住宅名義と住宅ローンの返済は夫のままである場合、夫と妻の間で賃貸借契約を取り交わし、妻が夫に家賃を支払う形で住み続けるか、あるいは使用貸借契約によって無償(タダ)で住むといった方法が考えられますね。

ただし、この方法には大きな問題点があります。
離婚後、夫が住宅ローンの支払不能に陥れば、残念ながら住宅が競売にかけられることになります。競売後に退去を迫られたら拒むことができませんので、住まいを失うことになってしまいますね。


住宅名義を妻とした上で妻が住み続けるが、住宅ローンの返済は夫のままである場合

住宅名義を妻とした上で妻が住み続けるが、住宅ローンの返済は夫のままである場合、預貯金の分与や養育費といった部分での財産分与で夫の負担割合を軽くするなどといった調整を図ることが考えられます。

なお、このケースでも前述と同様の問題が生じる可能性があるので注意が必要です。

また、住宅ローンを借りている金融機関に無断で担保となっている自宅の名義を変更すれば、金融機関と取り交わしている金銭消費貸借契約上、問題となる可能性がありますから、あまり良い分与方法とは言えませんね。

* 離婚に伴う住宅問題を解決したい!
そんな方には…

情報サイト内の関連ページを見よう


テーマ別・情報サイト一覧

資金計画離婚 契約税金 法令その他

出版書籍のご案内

代表の本鳥有良が執筆した出版書籍のご紹介です。


はじめての家の買い方 中古マンションの選び方・見分け方 宅建資格を120%活かす方法 新人不動産営業マンが最初に読む本





ページトップへ戻る
Copyright(C)Plan-service.All rights reserved.