プランサービス

物件見学のポイント(中古マンション編)

中古マンションを見に行くときの注意点についてです。


中古マンションを案内され、現地を見学するときのポイント

物件を見るときのポイントをまとめてみましたので、これから物件見学に行くという方は、ぜひ現地にて以下の点をチェックしてみてください。


建築時期と耐震性能

中古マンションを購入する際、耐震性能は大変気になるところですよね。
1981年(昭和56年)6月1日に建築基準法の耐震基準が大幅に改訂され、いわゆる『新耐震基準』が設けられたのですが、この新耐震基準を満たすマンションは、地震に対する耐震力が大幅に向上するというメリットだけではなく、住宅ローン控除をはじめとする課税上の特例や軽減措置の適用要件になるなど、中古マンションを選ぶ上での大きなポイントといえます。

ちなみに、マンションは建築に相当の時間を要するものですから、新耐震基準により建築されたマンションを選ぶには、建物の規模にもよりますが、少なくとも1983年以降の竣工かどうかを、まずはチェックしてみるといいと思います。


建物

中古マンションを見学する場合、専有部分(住戸部分)と共用部分を見ることになるんですが、共用部分では建物全体の構造なども気になりますよね。
ところが、耐震性や構造躯体について調べようとすると管理組合の承諾が必要になるので、実際のところは難しいんですよ。
そこで、通常は歩きながら目視で確認できる範囲でのチェックとなります。


《共用部分》


《専有部分》


上記以外にも、リフォームやペット飼育、楽器使用などに関する規約上のルールを確認しておいたほうがいいと思いますが、専有部分や共用部分の利用制限を記した管理規約等については、契約を前提とした重要事項説明にて詳しく説明を受けるのが通常で、購入の検討段階で管理規約を見せてもらうのはなかなか難しいものです。
そこで…、物件の見学に行った際に“住民である売主”へ、気になるところは直接聞いてしまうのがいいと思いますよ。


管理

マンションを買う時は「管理を買え!」と言われるほど、管理というものは物件を検討する上で重要な要素となります。
多くの家族が一つの建物で共同生活を送るのがマンションですから、建物全体の管理というのは快適なマンションライフを過ごす上で本当に大切な問題なんです。


《管理状態》

* 住宅について相談したい!
そんな方には…

情報サイト内の関連ページを見よう


テーマ別・情報サイト一覧

資金計画離婚 契約税金 法令その他

出版書籍のご案内

代表の本鳥有良が執筆した出版書籍のご紹介です。


はじめての家の買い方 中古マンションの選び方・見分け方 宅建資格を120%活かす方法 新人不動産営業マンが最初に読む本





ページトップへ戻る
Copyright(C)Plan-service.All rights reserved.