プランサービス

収入合算・ペアローン

夫婦の収入をあわせて住宅ローンの融資を受ける「収入合算」と「ペアローン」の仕組みについてです。


夫婦で住宅ローンを利用する場合

希望する物件価格が高くて夫一人の収入では買えない…といった場合、夫婦が共稼ぎであれば妻の収入も利用して住宅ローンを借りる場合がありますよね。
このときに利用するのが「収入合算」あるいは「ペアローン」です。


収入合算

収入合算とは、世帯主の収入に配偶者の収入を加算することで世帯主の収入額をアップさせて住宅ローンを借りる方法です。

そのため、多くの銀行では借入者を世帯主一人として、団体信用生命保険には世帯主のみが加入し、配偶者は連帯保証人となるのが一般的です。

なお、借入者である世帯主に万一のことがあった場合には、団体信用生命保険によってローンが完済される仕組みになっていますから、残された配偶者の方は安心ですよね。

ただし、連帯保証人は住宅ローン控除の適用を受けられませんので注意が必要です。

また、収入額が上がれば、当然に借入できる金額がアップしますが、反面、そもそも一人の収入では返済しきれないほどの住宅ローンを借りることになるため、合算者である配偶者が退職するなどで世帯としての収入がダウンした時には、大きなリスクを負うことになりますから、長期的な返済計画を考えておく必要がありますね。

なお、収入合算者の年収は半分とする場合と全額とする場合があり、金融機関によって異なりますから注意が必要です。
また、金融機関によって収入合算者を連帯債務者とする場合がありますので、事前に金融機関へ確認しておくようにしましょうね。


ペアローン

ペアローンとは、世帯主と配偶者がそれぞれ自分の収入を基準に各々で住宅ローンを借りる方法です。
したがって、住宅ローン控除も、それぞれが自分の借入残高に応じて適用を受けることになります。

一方、団体信用生命保険は、世帯主と配偶者がそれぞれ自分名義の住宅ローンに対して加入することになりますから、夫婦のどちらか一方に万一のことがあっても自分名義の住宅ローンは返済義務が残ってしまうことになります。


収入合算とペアローンの違い

収入合算とペアローンはほとんど同じように見えますが、実は細かな部分での違いがあります。

たとえば、「住宅ローン控除の適用可否」や「世帯主に万一があった際の債務の扱い」など、長い返済期間を考えれば決して無視できない点ですから、違いを十分に理解した上で選択することが大切ですよ。

なお、不動産の権利関係は極力シンプルにしておいたほうがいいので、不必要な共有名義や共有債務は避ける方向で予算を検討されたほうがいいと思いますよ。

* 資金計画の問題を解決したい!
そんな方には…

情報サイト内の関連ページを見よう


テーマ別・情報サイト一覧

資金計画離婚 契約税金 法令その他

出版書籍のご案内

代表の本鳥有良が執筆した出版書籍のご紹介です。


はじめての家の買い方 中古マンションの選び方・見分け方 宅建資格を120%活かす方法 新人不動産営業マンが最初に読む本





ページトップへ戻る
Copyright(C)Plan-service.All rights reserved.