プランサービス

住宅ローン金利の推移

過去20年間における住宅ローン金利(変動金利・住宅金融公庫)の推移についてです。


今までの住宅ローン金利の推移

住宅ローンの金利は、その時々の景気に大きく左右されてきました。

住宅金融公庫

公的融資の代表的なものとして住宅金融公庫の金利変動の推移を見ると、昭和61年頃の円高不況から平成景気に移行する時点では、基準金利が4.2%でしたが、バブル景気の到来によって5.5%まで上昇しています。
その後、バブル経済が崩壊してからはジワジワと下降基調をつづけ、平成10年に2%まで下落したのが金利の底となっています。


都市銀行の住宅ローン

都市銀行の住宅ローン(変動金利)を見てみると、住宅金融公庫に比べて金利の動きはもう少し激しくなります。
昭和の時代は概ね公庫金利より1%高い程度の水準だったのが、平成に年号が変わると大きく乖離し始めます。平成2年当時、公庫融資の金利が5.4%前後だったのに対して、都市銀行の金利は最高8.5%という高水準を記録しています。

その後、バブル経済が崩壊してからしばらくが経過した平成5年になって、都市銀行もようやく公庫と同水準までに金利が下がりました。
そして、2%台の長期的な低金利時代は、平成7年から始まっています。
つまり、もう随分と長い間、低金利時代が続いていることになるのですね。その為、今の低金利な水準を当たり前のように感じている人も多くいるかもしれません。


住宅ローンの金利推移

《S63.1.~H13.12.》

住宅ローン金利の推移グラフ1

《H13.1.~H25.6.》

住宅ローン金利の推移グラフ2

* 資金計画の問題を解決したい!
そんな方には…

情報サイト内の関連ページを見よう


テーマ別・情報サイト一覧

資金計画離婚 契約税金 法令その他

出版書籍のご案内

代表の本鳥有良が執筆した出版書籍のご紹介です。


はじめての家の買い方 中古マンションの選び方・見分け方 宅建資格を120%活かす方法 新人不動産営業マンが最初に読む本





ページトップへ戻る
Copyright(C)Plan-service.All rights reserved.