プランサービス

住宅ローンの借入可能額

住宅ローンの審査で用いる、一般的な年収からみた借入可能額の計算方法についてです。


借入可能額の計算

住宅ローンを利用して住宅の購入を検討している場合、「いくらぐらいまで借りることが出来るのか…?」を知ることはとても重要なことですよね。この時に用いる計算が、以下にご紹介している借入可能額の計算式です。

ただし、実際の融資では、申込人の年収以外にもさまざまな審査要件がありますから、あくまでも目安として活用するようにしてくださいね。

また、申込みをする金融機関によって、審査の際に用いる審査金利が異なりますので、この点にも注意が必要ですよ。


借入可能額の計算例

年収540万円、審査金利4%、返済期間35年、とした場合

(1)年間の返済可能額は?
年収:540万円×35%(※1)=189万円

(2)月々の返済可能額は?
189万円÷12ヵ月=15万7,500円

(3)収入からみた借入可能額は?
15万7,500円÷4,428円(※2)×100万円≒3,550万円

※1:返済比率です。通常、年収別に設定されています。
※2:100万円を年利4%、35年返済で借りた場合の月々返済額です。

この計算式を見ると、実際に使えるお金(これを「可処分所得」と言います)ではなく、税金や社会保障費なども含めた、いわゆる「総支給額」を基に計算しているのがわかりますよね。

だから、実際の手取り収入に対して計算をし直すと、たとえ現実に借りる時の金利が審査金利よりも低い2%前後だったとしても、相当に家計負担は重くなるはずです。

では、どの程度の負担までなら無理なく暮らしていけるのでしょうか…?

あくまでも一般論ですが、ローンの支払い以外の維持費なども含めたいわゆる「居住費」は月収の3分の1以下にするというのがいいと思いますよ。

* 資金計画の問題を解決したい!
そんな方には…

情報サイト内の関連ページを見よう


テーマ別・情報サイト一覧

資金計画離婚 契約税金 法令その他

出版書籍のご案内

代表の本鳥有良が執筆した出版書籍のご紹介です。


はじめての家の買い方 中古マンションの選び方・見分け方 宅建資格を120%活かす方法 新人不動産営業マンが最初に読む本





ページトップへ戻る
Copyright(C)Plan-service.All rights reserved.