プランサービス

[重説]登記簿に記録された事項

重要事項説明書にある登記簿に記録された事項についてです。


登記簿に記録された事項

登記簿に記録された事項は、現に効力のある登記内容(権利部の甲区と乙区)を記載することで、取引の目的となる不動産に対し設定されている権利の種類や内容について説明を受けることになります。

なお、「借地権付建物売買」を行う場合、土地所有権(底地)は売買の目的物となりませんが、それでも権利部に記録された内容についての説明を受けることになりますよ。


権利部(甲区)

権利部の甲区には所有権に関する事項が登記されていますので、登記簿上の所有者の住所・氏名が誰なのか? また、所有権に何らかの影響を及ぼすような権利の有無についての説明を受けることになります。

なお、所有権移転の仮登記や買戻し特約の登記、差押えなど処分制限の登記がある場合、「所有権にかかる権利に関する事項」が「有」として説明を受けることになります。

このような場合には、残金決済までにちゃんと権利が抹消されるのかどうかといった取引の安全性についても詳しく説明を受けるようにしましょうね。


権利部(乙区)

権利部の乙区には所有権以外に関する事項が登記されていますので、どのような権利が設定されているのかの説明を受けることになります。

たとえば、抵当権などの担保権が登記されている場合、権利部(甲区)のときと同様、残金決済までにちゃんと権利が抹消されるのかどうかといった取引の安全性についても詳しく説明を受けるようにしましょうね。

* 住宅について相談したい!
そんな方には…

情報サイト内の関連ページを見よう


テーマ別・情報サイト一覧

資金計画離婚 契約税金 法令その他

出版書籍のご案内

代表の本鳥有良が執筆した出版書籍のご紹介です。


はじめての家の買い方 中古マンションの選び方・見分け方 宅建資格を120%活かす方法 新人不動産営業マンが最初に読む本





ページトップへ戻る
Copyright(C)Plan-service.All rights reserved.