プランサービス

重要事項説明書とは

売買契約を締結する前に、買主が説明を受ける重要事項説明についてです。


重要事項説明書の説明と交付時期

不動産会社には、取引の相手方(買主)に対して売買契約が成立するまでの間に重要事項説明書を交付した上で、その内容を説明する義務があります。
そして、この説明を行うのは「宅地建物取引士」の資格を持った者が行わなければなりません。
また、説明する際には買主に対して必ず「取引士証」の提示を行うことになっているんですよ。


《業法35条で定める重要事項の内容》

取引物件に関する事項[6項目]


取引条件に関する事項[8項目]


割賦販売の場合[3項目]


また、上記以外にも一般的に契約の可否を判断する上で重要と思われることについては、「その他の重要事項」として説明をすることになっています。

* 住宅について相談したい!
そんな方には…

情報サイト内の関連ページを見よう


テーマ別・情報サイト一覧

資金計画離婚 契約税金 法令その他

出版書籍のご案内

代表の本鳥有良が執筆した出版書籍のご紹介です。


はじめての家の買い方 中古マンションの選び方・見分け方 宅建資格を120%活かす方法 新人不動産営業マンが最初に読む本





ページトップへ戻る
Copyright(C)Plan-service.All rights reserved.