記事一覧

北海道で震度6強 各地で土砂災害、家屋の倒壊も

9月6日午前3時8分頃、北海道胆振(いぶり)地方中東部を震源とするマグニチュード6・7(6日現在暫定値)の地震が発生した。震源の深さは約37キロメートル(同)。
 
この地震により、安平町(あびらちょう)で最大震度6強を観測。また苫小牧市や千歳市で震度6弱、札幌市北区や江別市などで震度5強、函館市や室蘭市などで震度5弱が観測された。揺れは広範囲にわたり、北海道全域のほか青森県などでも最大震度4程度の地震を観測。また地震は断続的に発生しており、6日午前10時30分現在までに震度1以上の揺れは45回発生している。
 
被害状況については、国土交通省の6日午前8時30分現在の情報によれば、厚真町で家屋の倒壊が2件発生、2人が生き埋めになり1人が安否不明。複数の土砂災害も発生しており、国交省が確認作業を行っている。また経済産業省によれば、道内全域(約295万戸)にわたって大規模な停電が発生している。
 
国交省はこの地震を受けて災害対策本部会議を設置。被災地にTEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)やリエゾン(災害対策現地情報連絡員)、JETT(気象庁防災対応支援チーム)などを派遣して対応を行っている。
 
同会議で石井啓一国土交通大臣は、「被災状況の早期把握」「被災者支援に全力で当たり、被災自治体からの要請には迅速かつ全面的に支援」「国民に対する適時的確な情報提供」「TEC-FORCE等は関係自治体からの要請を待たず積極的に対応すること」などを指示している。

<出典:住宅新報>

リノベ不動産、国内拠点数200拠点突破 ワンストップで提供

和久環組(神奈川県横浜市、鎌田友和社長)は9月5日、ITとリアルを融合したリノベーションプラットフォーム「リノベ不動産」の国内拠点数がスタートから3年半で200拠点を突破したと発表した。リノベ不動産では、中古物件の提案、資金計画、設計デザイン、施工、アフターサービスを1社完結のワンストップサービスとして提供。更に、最近では民泊物件のセットアップからオペレーションまでをワンストップで提供する「リノベ不動産STAY」を開始している。

<出典:住宅新報>

TX流山おおたかの森駅高架下に商業施設を11月開業 東神開発など

つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道と高島屋グループの東神開発は11月1日、千葉県流山市のTX流山おおたかの森駅高架下に商業施設「こかげテラス」を開業する。開業に合わせ、同商業施設に直結する新改札「こかげテラス口」も開設する。
 
流山おおたかの森駅周辺は住宅供給数が増加しており、東神開発は開発事業を推進してきた。今後も発展が見込めるため、今回の商業施設開業、新改札口の設置決定に至った。
 
「こかげテラス」はTX高架下の商業施設としては最大規模。店舗面積は約2634平方メートルで、店舗数は13カ店。新改札「こかげテラス口」は同駅南側に設置される。

<出典:住宅新報>

賞金総額660万円の「賃貸住宅コンペ」応募受付開始 大東建託

大東建託は、7回目を迎える「賃貸住宅コンペ」の応募受け付けを開始した。今回のテーマは「身近な社会問題と向き合う、新たな賃貸住宅とは」とし、19年1月8日まで募集する。一般部門と指名大学部門のそれぞれの最優秀作品には賞金200万円を贈る。賞金総額は660万円となる。

対象エリアを前回の「豊島区」から「日本全国」へ広げ、身近な街や暮らしの中で直面する社会問題を解決して、固定観念を打ち破る自由な発想の「賃貸住宅」の提案を求めている。

詳細は、公式URL http://www.japan-architect.co.jp/kentaku/ まで。

<出典:住宅新報>

10月に東京と大阪で「未来の暮らし考える」シンポ UR都市機構

都市再生機構(UR都市機構)10月、東京と大阪で「未来の暮らしを考える―次の時代の暮らしとまちづくり―」をテーマとしたシンポジウムを開催する。入場無料。
 
開催場所とスケジュールは、16日が阪急うめだホール(大阪府大阪市)で時間は午後1時から6時15分まで。23日が日経ホール(東京都千代田区)で、時間は午後1時から6時35分まで。
 
国土交通省の展開する「住生活月間」の取り組みの一環として開催するもの。技術革新やライフスタイルの多様化による暮らしの変化に着目し、同機構の事業・研究報告のほか、有識者による講演や対談、パネルディスカッションなども行われる(会場により一部プログラム内容が異なる)。
 
参加希望者は事前にホームページ(https://www.ur-net.go.jp/rd/houkokukai/)で申し込む。申し込み締め切りは大阪会場が10月12日、東京会場が10月19日。

<出典:住宅新報>

本社オフィスで顔認証セキュリティなどの実証実験 三菱地所

三菱地所は同社の目指す「常に進化するオフィス」の実現へ向け、9月中旬から本社オフィスで顔認証によるセキュリティシステムを導入し、実証実験を行う。
 
同社では既に生体(指紋)認証によるセキュリティシステムや決済システムなどを採用しているが、今回は一部のセキュリティ扉とゲートに顔認証技術を導入。セキュリティ通過時に、よりスムーズな通行が可能になるという。実証実験による検知データや社員アンケートを通じ、ビル運営業務の効率化への有効性などを確認した上で、将来的には同社のオフィスビルの商品企画に生かしていく方針だ。
 
なお、同社は8月20日から従業員向けコンシェルジュサービスも試験的に導入し、実証実験を行っている。従業員から随時相談を受けながら各種手続きやリサーチなどを代行するもので、こちらも従業員の負担軽減などによる生産性向上を図ると共に、今後オフィスビルの商品企画や顧客への提案などへの反映を目指している。

<出典:住宅新報>

国内最大のサ高住で販売センターを開設 住林グループ

住友林業の子会社であるスミリンケアライフは9月5日、国内最大(18年8月末時点)となるサービス付き高齢者向け住宅「エレガーノ西宮」の販売センター「シニアレジデンスギャラリー」をオープン。立地は阪急電鉄西宮北口駅から徒歩7分。
 
販売センターは61平方メートル・1LDKに納戸の一般居室モデルルームを併設。サ高住の販売では初の試みとして、高性能VRシステムも導入した。エレガーノ西宮専用のウェブサイト(http://www.s-carelife.co.jp/home/nishinomiya/)では、その魅力を動画で確認できるメルマガ会員を募集している。
 
エレガーノ西宮は総戸数309戸。阪急の阪神国道駅から徒歩4分、西宮北口駅から徒歩16分、JR西宮駅から徒歩11分に立地。敷地面積は1万427平方メートル、延べ床面積は2万8149平方メートル。14階建て2棟、5階建て1棟の規模。今年6月の着工で、竣工は20年2月を予定する。

<出典:住宅新報>

全宅連 「不動産の日」に合わせ東京、福岡で消費者セミナーを開催

全国宅地建物取引業協会連合会(坂本久会長)と全国宅地建物取引業保証協会(同)は9月、福岡と東京の2会場で消費者セミナーを開催する。これは、一般消費者に不動産取引を身近に感じ、理解を深めてもらうことを目的に9月23日の「不動産の日」にちなんで開催するもので、今年で8回目。
 
福岡は9月17日午後2時半~4時、アクロス福岡で。テーマは「二地域居住のススメ~週末だけ移住してみませんか~」、ゲストは麻木久仁子さん。申し込みは6日締切。東京は9月23日午後2時~3時半、JPタワーホールで。テーマは「今こそマイホームは、借りるべきか、買うべきか?」、ゲストは内田恭子さん。申し込みは13日締切。参加希望者は次のURL(https://www.tfm.co.jp/sumai/index.html)から申し込みを。セミナー当日の模様は後日、FM番組「クロノス」で放送される。

<出典:住宅新報>

「働き方を変える集合住宅」テーマに学生コンペ、長谷工

長谷工コーポレーションは、学生を対象とした「第12回住まいのデザインコンペティション」を実施する。今回のテーマは「働き方を変える集合住宅」。昨今、働き方において、労働人口の減少や保育・介護との両立が課題となる一方、住まいについては所有せずにシェアする概念も登場している。この2つの事象を背景として「どこで働くか、どのように働くか」「どのように所有するか、どのように時間を扱うか」という観点からも考察した働き方を変える集合住宅の提案を募集する。
 
応募資格は18年12月31日時点で学生であること。登録・作品提出締め切りは11月13日必着。登録は、同コンペホームページ(http://www.japan-architect.co.jp/haseko/2018/)から。
 
同コンペは、建築を志す若手の人材育成を目的として07年にスタートした。

<出典:住宅新報>

不動産会社CMに出てほしい有名人1位は木村拓哉 スマイスター調べ

不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するリビン・テクノロジーズ(東京都中央区、川合大無代表取締役)は、8月28日の「テレビCMの日」(日本民間放送連盟制定)に合わせて、同サイトを利用した20歳以上の全国の男女322人を対象に「不動産会社のCMに出てほしい有名人」についてアンケート調査を行った。
 
その結果によると、1位は木村拓哉(16票)で、投票した人のうち4割をファンが占めたが、次女のKoki,がモデルデビューし話題になったこともあり、素敵な家庭を持っているイメージがあるからと答えた人もいた。
 
2位は綾瀬はるか(15票)、3位は北川景子(12票)、福山雅治(同)だった。
 
不動産会社のCMに出演している有名人では、大和ハウスの竹野内豊(11票、5位)、セキスイハイムの阿部寛(10票、6位)、タマホームの加山雄三(同)、レオパレス21の広瀬すず(同)がトップ10入りした。

<出典:住宅新報>