記事一覧

「ウチコミ!」登録会員4万人、家主と直接やりとり可能な部屋探しサイト

アルティメット総研(東京都新宿区)は、同社が運営する賃貸情報サイト「ウチコミ!」の登録会員数が1月9日に4万人を突破したと発表した。「ウチコミ!」は、全物件の仲介手数料が無料で、家主が直接入居者を募集するサイトとして13年に関東でスタート後、関西や東海エリアでもサービスを展開。スマートフォン1つで部屋探しができ、家主と直接やりとりができる点も特徴だ。

<出典:住宅新報>

リノベ協 2月、都内で新卒向け業界研究セミナー

リノベーション協議会(東京都渋谷区)は、リノベーション業界への就職を希望する2020年新卒対象イベント「リノベーション新卒向け業界研究セミナー」を2月11日に開催する。今回で4回目。同協議会による講和をはじめ、参加企業による会社紹介、社員交流などを予定。会場は千代田区麹町にあるライフル本社(地下鉄半蔵門駅徒歩2分)。午後1時開始。応募は下記URL(http://www.renovation.or.jp/shinsotsu/)から。

<出典:住宅新報>

渋谷・道玄坂の再開発でビル名称を「渋谷ソラスタ」に決定 東急不G

東急不動産は1月15日、同社が東京都渋谷区で参画・推進する「(仮称)南平台プロジェクト」のビル名称を「渋谷ソラスタ」に決定したと発表した。同ビルでは、5月15日に同社の展開する会員制シェアオフィス「ビジネスエアポート」が開業。また同社の本社機能も、8月をめどに同ビルへ移転する予定だ。

<出典:住宅新報>

リフォームローンの取り扱いを開始 クレディセゾン

クレディセゾンは1月16日、リフォーム資金ニーズに応える新商品「セゾンのリフォームローン」の取り扱いを開始すると発表した。
 
それによると、同ローンは、リフォーム会社を限定しない(非提携型)ため、顧客が自由に施工業者を選ぶことができる。従来、リフォーム会社の多くが地域密着の工務店や専業会社で、これらの事業者ではローンの用意がなく、現金でしか支払えないことが多かった。これを解決できるローンだという。
 
最高500万円まで無担保で融資が可能で、最長35年のゆとり返済プランも用意。また、セゾンカード、UCカード会員なら、金利を1.0%優遇する。更に、2月4日からはウェブやスマートフォンから申し込みが可能となり、AIチャットボットなどの採用により、24時間いつでも申し込み、問い合わせが可能になる。

<出典:住宅新報>

青色LEDで尿はねを低減させる小便器セットを発売 TOTO

TOTOは2月1日、尿はねしにくいポイントを青色LEDのターゲットマークで照射する機能を加えた小便器の最上位モデル「マイクロ波センサー壁掛小便器セット」を発売する。
 
新商品は「RESTROOM ITEM 01(ゼロワン)」シリーズ。人が近づくと青色LEDのターゲットマークが照射。尿はねや飛び散りを低減し、小便器周囲の衛生性向上をサポートする。
 
また、新尿石抑制・節水システムにより、平均洗浄水量は従来品の1回当たり1.45リットルから0.8リットルに削減した。シンプルなデザインとアプローチしやすい形状は継続させ、よりスッキリとしたフォルムに仕上げている。
 
希望小売価格は26万4800円(税別)となる。

<出典:住宅新報>

東京のAグレードオフィス空室率は1.0% JLL調べ

JLLは1月10日、18年12月末時点の東京のオフィス市況を発表した。
 
Aグレードの空室率は前月比0.1ポイント上昇の1.0%を計上。賃料(月額坪当たり、共益費込み)は前月比0.8%上昇の3万8178円となった。2四半期連続で1%を超える上昇率を計上した。
 
Bグレードの空室率は0.3ポイント低下の0.4%を計上。7四半期連続で低下を示した。空室率が1%未満の水準となるのは3四半期連続となった。賃料(同)は前四半期比1.3%上昇の2万3944円となった。上昇率は3四半期連続で1%を上回った。

<出典:住宅新報>

京都駅近くで「三井ガーデンホテル」が8月開業 三井不G

三井不動産と三井不動産ホテルマネジメントは8月29日、京都府京都市内で4施設目となる「三井ガーデンホテル京都駅前」を開業する。同ホテルの立地はJR京都駅から徒歩約3分。地上10階・地下1階建てで、客室数は136室。

<出典:住宅新報>

設立5周年を記念し、物件契約者に購入支援金を進呈 飯田GHD

飯田グループホールディングス(飯田GHD)は1月15日から、物件の契約者全員に住宅購入支援金をプレゼントする「設立5周年感謝キャンペーン」を展開する。
 
同社は13年11月に設立。同キャンペーンは設立5周年を記念して実施するもの。 対象物件は一建設、飯田産業、東栄住宅、タクトホーム、アーネストワン、アイディホーム、住宅情報館、オリエンタル・ホーム、ビルトホーム、パラダイスリゾート、ティーアラウンドの建売住宅。
 
キャンペーン期間中に売買契約を結んだ顧客に対して購入支援金100万円を進呈。総額で50億円を進呈する考え。キャンペーン期間は3月10日までで、総額に到達次第、取り扱いは終了する。

<出典:住宅新報>

全国で9379人が合格 賃貸不動産経営管理士試験

賃貸不動産経営管理士協議会は1月11日、2018年11月18日に実施した「賃貸不動産経営管理士試験」の結果概要を発表した。受験者は過去最高の1万8488人で、合格者は9379人だった(合格率50.7パーセント)。累計合格者は6万人超となり、受験者は、賃貸住宅管理会社の従業者だけでなく、賃貸住宅オーナーや学生などにも広がっている。

<出典:住宅新報>

合格点は38点以上 18年度マン管試験

18年度マンション管理士試験の合格者発表が1月11日行われ、同試験の指定試験機関であるマンション管理センターによると、975人が合格した(17年度は1168人)。受験者は1万2389人(同1万3037人)、合格率は7.9%(同9.0%)だった。
 
合格最低点は、50問中38問以上正解(試験の一部免除者は45問中33問以上正解)で、昨年より2点上がった。同日付の官報に合格者の氏名と受験番号が掲載されたほか、受験者には合否通知書が発送された。
 
合格者の平均年齢は46.5歳。最高年齢は77歳だった。合格者の男女比は、男性が856人(87.8%)、女性が119人(12.2%)。男性の合格率は7.9%、女性の合格率は7.4%となった。

<出典:住宅新報>