記事一覧

再び下落に 8月・首都圏、新築戸建て成約価格

アットホームの調査によると、8月の首都圏における新築戸建て住宅の平均成約価格は3466万円(前月比1.4%下落)で、上昇した前月から再び下落した。前年比は2.9%上昇し、2カ月連続の上昇。
 
エリア別に見ると、東京23区の平均価格は5087万円(前月比5.0%上昇)。東京都下は3690万円(同1.3%上昇)、神奈川県は3620万円(同2.9%下落)、埼玉県は3049万円(同2.5%下落)、千葉県は2793万円で同0.5%下落。東京23区と都下のみが上昇となった。成約の3割強を占める神奈川県、同3割弱を占める埼玉県が共に下落したことで首都圏平均も下落となった。一方東京23区では、価格水準の高いエリアの成約価格が大幅に上昇したことなどにより、同2カ月連続で上昇し、平均価格は3カ月ぶりに5000万円を超えた。
 
09年1月を100とした価格指数を見ると、首都圏の価格指数は前月比1.3ポイント下落の97.9。東京23区が最も高い値となっており、110.0(同5.2ポイント上昇)だった。

<出典:住宅新報>

賃貸情報サイト「ウチコミ!」、奈良県で入居者募集開始

アルティメット総研(東京都新宿区)は9月24日から、同社が運営する賃貸情報サイト「ウチコミ!」において奈良県で入居者の募集を開始した。家主が直接入居者を募集する「ウチコミ!」は、全物件、仲介手数料が無料の部屋探しサイト。これまでに関東圏、関西圏、中部圏でサービスを行い、会員数は3万6000人を超えている。このたび要望の多かった奈良県での賃貸募集を開始し、更なる対応エリアの拡充を目指す。

<出典:住宅新報>

「ふどうさん女子」イベント、10月銀座で 基礎から学ぶ住宅ローン

ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市)は10月18日、働く女性を応援するコミュニティ「ふどうさん女子」の第11回イベントを東京・銀座で開催する。同コミュニティは不動産業界で働く女性や不動産に興味のある女性を対象としたもので、17年12月の立ち上げ。今回は「住宅ローン」をテーマに基本的な知識について学ぶ。講師は、住宅ローンの借り入れ・借り換えサービス「モゲチェック・プラザ」を運営するMFSマーケティング部の新谷大輔氏。参加費1000円。定員20人。開催場所は丸福珈琲店銀座喫茶室(東急プラザ銀座6階)。午後7時から同9時まで。イベント詳細は下記URL(https://fudousan-joshi.jp/)から確認を。

<出典:住宅新報>

10月2日から新宿でナイトタイムの賑わい創出図る社会実験イベント

新宿副都心エリアで10月2日から6日まで、社会実験イベント「Shinjuku Share Lounge(シンジュク・シェア・ラウンジ)2018」が開催される。ナイトタイムの充実や賑わいの創出を目指し、空間利用の拡大を図るためのイベントで、同イベント実行委員会(代表・新宿副都心エリア環境改善委員会)が15年から実施しており、今回で4回目の開催となる。
 
開催期間中には、西新宿の高層ビル内オープンスペースなど、6カ所(新宿駅、工学院大学、新宿センタービル、新宿野村ビル、住友不動産新宿グランドタワー、新宿NSビル)の会場でショートフィルムを上映する「西新宿超高層ビルSHORT SHORTSシアター」を開催。情報発信とエリア回遊性への効果を検証する。参加費は無料。
 
また併せて、新宿中央公園の「新宿パークシネマフェスティバル」や街にアート作品を展示する「新宿クリエイターズ・フェスタ2018」などとも連携し近隣エリア一体となった賑わいの創出を目指す。

<出典:住宅新報>

「安心R住宅」8団体目に全国住宅産業協会

既存住宅の流通促進を図る特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度(安心R住宅制度)の新たな事業者団体として、9月25日に(一社)全国住宅産業協会が登録された。同制度は4月1日に標章の使用が始まったもので、同協会は8団体目の事業者団体となる。

<出典:住宅新報>

窓に2時間でシャッターを付ける、リフォーム商品発売 YKKAP

YKKAPは9月25日、窓シャッターのリフォーム商品「かんたんマドリモシャッター」を発売した。対応躯体は木造。
 
新商品は窓をはずしたり、壁をカットすることなく、壁の上から取り付け可能。2時間でリフォームが完了する。開閉方式は、手動と電動を設定。電動式は、リモコンによる指先ひとつの操作で簡単に開閉でき、スマートフォンでの操作も選択できる。
 
従来品の納まり対応は標準と土間用の2つだったが、今回は片入隅、ボックス下げ、ボックス下げ片入隅3つの納まりを追加。更に雨戸付きの窓にも対応できる納まりも12月に追加発売する予定。
 
参考価格(シャッター幅1606ミリ、同高さ2123ミリ、標準納まり、下地部材なし。消費税、ガラス代・組立費など含まず)はリモコンスリットシャッターで33万1300円、リモコンシャッターで20万5200円、手動シャッターで13万2500円。

<出典:住宅新報>

お台場に都の「五輪暑さ対策推進事業」認定の広場開設 東急不G

東急不動産と東急不動産SCマネジメントは9月22日、東急不動産グループの運営する商業施設「デックス東京ビーチ」(東京都港区台場)に、新たな憩いの場として「シーサイド広場」を開設する。人工芝を敷き詰めた約160平方メートルの広場で、気温が高い日にはドライミストを発生させるなどの設備を導入。東京都の「東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業」の18年度対象事業として認定されており、訪日外国人旅行者も多く訪れる同エリアの暑さ対策としての活用を図っている。

<出典:住宅新報>

3カ月連続で減 首都圏8月の賃貸成約 全エリアで減少

アットホームの調査によると、8月の首都圏における居住用賃貸物件成約数は1万4080件で、前年比6.1%減となり、3カ月連続でマイナスとなった。
 
エリア別に見ると、東京23区は、6710件で前年比1.3%減。東京都下は1124件で同20.9%と二桁減。神奈川県は3572件で同3.1%減。埼玉県は1213件で同22.1%減と6カ月連続で二桁減となり、同17カ月連続の減少となった。千葉県は1461件で同4.8%減となり、全エリアでマイナスとなった。ただ、東京23区、都下、千葉県の減少は前年増の反動によるもので、減少幅は前年の上昇幅を大きく下回っている。

<出典:住宅新報>

4割が「実家が空き家になる」 スマイスター調べ

不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するリビン・テクノロジーズはこのほど、「実家が空き家になる可能性」について調査を行った。
 
これによると、可能性が「ある」が30.4%、「既になっている」が9.7%で、実家が空き家になると答えた人は約4割に上った。
 
「もし、実家が空き家になったらどうするか」と聞いたところ、「まだ分からない」が39.8%、「売却する」が32.8%、「親族に住んでもらう」が11.9%、「賃貸に出す」が7.4%だった。
 
この調査は8月下旬から9月上旬まで、全国の30歳以上の男女247人を対象にインターネットで行った。

<出典:住宅新報>

全宅連 「不動産の日」に合わせて消費者の意識調査開始

全国宅地建物取引業協会連合会・全国宅地建物取引業保証協会(坂本久会長)は、9月23日の「不動産の日」に合わせて、消費者の住宅の住居志向および購買等に関する意識調査を実施する。調査期間は9月21日~11月30日。専用フォームによるインターネット調査で、日本全国の20歳以上の男女が対象。調査結果は19年2月に全宅連ホームページで発表予定。回答者の中から抽選でギフトカードをプレゼントする。アンケートURLは以下の通り。https://zentaku.estate-day.com/

<出典:住宅新報>