記事一覧

232人が合格 実務経験審査 再開発プランナー

再開発コーディネーター協会は1月31日、18年度再開発プランナー試験(実務経験審査)の合格発表を行った。合格者は232人。合格者の平均年齢は38.2歳で女性の合格者は30人だった。
 
同試験は筆記試験と実務経験審査で行われ、今回で27回目。筆記試験(18年度は8月26日に実施)に合格した後、都市再開発事業に関連する実務経験を3年以上有しているか等について、実務経験審査(書類審査と面接審査)を行い、これに合格し、登録手続を経て「再開発プランナー」となる。今回の実務経験審査については、18年11月から12月にかけて実施された。
 
現在の再開発プランナー登録者は3621人。なお、19年度の筆記試験日も発表され、8月25日に決まった。

<出典:住宅新報>