記事一覧

三菱地所、新水素エネルギー実用化に向けベンチャーへ出資

三菱地所は1月25日、株式会社クリーンプラネットの第三者割当増資を引き受けた。クリーンプラネットは、「安全、安定、安価」でクリーンな新エネルギーの開発・研究に取り組むベンチャー企業。三菱地所グループは、SDGs(Sustainable Development Goals)の取り組みを推進しており、クリーンプラネットが研究開発を進めている安価で、環境負荷が少ない新水素エネルギー技術に着目した。
 
今後、新エネルギーの活用を積極的に検討することで、脱炭素社会に向けたまちづくりを進めていく。

<出典:住宅新報>