記事一覧

小田急電鉄・小田急不、飲食と職住近接支援の2施設を今春オープン

小田急電鉄と小田急不動産は今春、郊外の新たなライフスタイルを提案する2つの施設をオープンする。小田急多摩線栗平駅前にレンタルワークスペース併設のコミュニティ施設「CAFÉ&SPACE L.D.K.」を3月中旬に、同黒川駅前にシェアオフィスを核とした複合施設「ネスティングパーク黒川」を5月に、それぞれ開設する。

川崎市北部の栗平・黒川エリアは都心へ30分のアクセスの良さから、子育て世代を中心に人口が流入。人口増加に伴って飲食店やカフェなどのニーズが高まっており、職住近接型のワークスタイルをサポートする環境整備を行った。2施設を開設することで、新たな仕事環境に加え、地域コミュニティ拠点として地域住民同士の交流機会を創出する。

<出典:住宅新報>