記事一覧

茨城・水戸駅前の丸井跡を再生、複合ビルに 開業は19年秋 やまき

複合商業施設のコンサルティングを手掛けるやまき(東京都港区、山下敏正社長)は11月29日、茨城県水戸市の水戸駅前にあるマイムビルの再生事業に着手すると発表した。
 
同ビルは、9月に閉店した丸井水戸店が入居していた建物で、同社は事業主体として合同会社やまき水戸開発を設立し、商業エリアを擁する複合型オフィスビル「M's International(仮称)」へとリニューアルする。計画地の敷地面積は約4320平方メートル、建物は鉄骨鉄筋コンクリート造りの地上10階・地下3階建てで、延べ床面積は約3万7680平方メートル。開業は19年秋を予定している。

<出典:住宅新報>