記事一覧

「(仮称)虎ノ門ヒルズビジネスタワー」が上棟

東京都港区で「虎ノ門一丁目地区市街地再開発組合」が進めている「(仮称)虎ノ門ヒルズビジネスタワー」が、このほど上棟した。17年2月に着工した計画で、竣工は19年12月の予定。
 
同タワーは、14年に開業した「虎ノ門ヒルズ森タワー」に隣接する計画地で建築が進められており、オフィス用途が中心となる複合ビル。敷地面積は約1万100平方メートルで、建物は地上36階(約185メートル)・地下3階建て、延べ床面積は約17万3000平方メートル。
 
また同タワー周辺では、このほかに「(仮称)虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」(地上54階建て、21年竣工予定)と「(仮称)虎ノ門ヒルズステーションタワー」(22年度竣工目標)の計画も進められている。

<出典:住宅新報>