記事一覧

災害時の応急木造仮設住宅の供給で和歌山県と協定締結 木住協

日本木造住宅産業協会は5月9日、和歌山県応急木造仮設住宅建設協議会の構成団体として、災害救助法に規定する応急仮設住宅について建設協定を和歌山県と締結する。
 
内容は和歌山県内で地震、風水害といった災害が発生した場合、同協議会は和歌山県地域防災計画に基づき、木造による応急仮設住宅を迅速に建設するための協力体制を確立するもの。災害時に県からの要請に応じて被災者への木造応急仮設住宅を供給する。
 
締結式は5月9日、和歌山県庁で執り行われる。

<出典:住宅新報>