記事一覧

東京Bグレードオフィスの空室率は1.5%に JLL調べ

JLLは4月9日、18年3月末における東京のオフィス市況を発表した。
 
Aグレードオフィスでは、空室率は前月比0.6ポイント増の2.7%で、大手町、丸の内、赤坂、六本木で上昇し、新宿、渋谷で低下した。賃料(月額坪当たり、共益費込み)は同0.7%増の3万7071円を計上した。
 
Bグレード(四半期ごとに発表)では、空室率が前期比0.4ポイント減の1.5%で、4四半期連続で低下。賃料は前期比0.8%増の2万2912円で、中心業務地区全体で上昇を見せた。

<出典:住宅新報>