記事一覧

8月新築戸建ては首都圏で横ばい、中古は三大都市圏で上昇 東京カンテイ

東京カンテイが発表した8月の新築一戸建て住宅の価格(木造・所有権物件/土地面積100平米以上300平米以下)によると、首都圏は前月比マイナス0.1%の3410万円、近畿圏はプラス0.5%の2894万円、中部圏はプラス0.3%の2968万円となった。中部圏は連続上昇しており、首都圏では前月までの下落基調から横ばいに変化した。
 
一方、中古は首都圏で0.8%プラスの2949万円となった。近畿圏は1.4%プラスの2343万円、中部圏は1.6%プラスの2075万円となり、三大都市圏は上昇した。

<出典:住宅新報社>