記事一覧

フレキシブル・オフィス市場は昨年末比で48%増 JLL調べ

JLLは12月13日、東京のフレキシブル・オフィス市場(サービス・オフィスとコワーキング・オフィス)の動向を分析し、その結果を発表した。
 
東京都心5区のフレキシブル・オフィス市場は18年に急拡大。18年12月末時点で貸床面積は15万6000平方メートルとなる見通し。17 年末比で48%増。全123拠点のうち、サービス・オフィスが78拠点(約8万1800平方メートル)、コワーキング・オフィスが45拠点(約7万4200平方メートル)。18年に新設されたフレキシブル・オフィスの9割超がコワーキング・オフィスとなる。
 
コワーキング・オフィス1拠点当たりの平均面積は18年12月末時点推計で2000平方メートル超。17年12月末時点の平均1000平方メートルと比べ倍増している。

<出典:住宅新報>

ハウスコム 街のウェブマガジン、11月の月間人気記事を発表

賃貸仲介大手のハウスコム(東京都港区)は、同社が発信している街と暮らしのウェブマガジン「Living Entertainment」を10月にリニューアルし、人気記事のランキングを開始した。同社によると、ランキング導入後の11月の月間人気記事1位は「東京都目黒区都立大学 とりつじん・プロジェクト」となった。記事では、個人店が軒を並べる都立大学駅の商店街の人々に会いに行きたくなるような魅力を紹介している。
 
なお、今回のサイトリニューアルでは、スマートフォンユーザーの使いやすさの向上を図ると共に、記事のお気に入り機能やキーワード検索機能なども拡充した。

<出典:住宅新報>

第2回「住みやすい街」大賞は赤羽 アルヒ アクセスと値頃感で

アルヒは12月12日、「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2019」を開催し、1都3県の「住みやすい街トップ10」を発表した。大賞は赤羽(JR)、2位は南阿佐ヶ谷(丸ノ内線)、3位は日暮里(JR)に決定した。
 
大賞の赤羽は、5点満点中4.54点を獲得。交通アクセスの利便性、商業施設の充実のほか、東京や新宿までの距離がほぼ同じ地区に比べて、住宅価格が安いことなどが評価された。

<出典:住宅新報>

「ごみ屋敷」片付け法人向けサービス開催 テンシュカク

テンシュカク(和歌山県)は、いわゆる「ごみ屋敷」に頭を抱える不動産会社や管理人をバックアップする法人向け片付けサービス「お部屋を原状回復させる」の提供を開始した。

サービス内容は清掃、不用品回収、遺品整理などで、オプションでハウスクリーニングやリフォーム、解体などを用意。見積もりは無料。

<出典:住宅新報>

オフィスビルのカフェで遠隔注文・搬送サービス実証実験 森トラスト

森トラストは19年1月7日から、東京・虎ノ門の城山トラストタワーの「カフェ&デリGGCo.」で、サビオーク(米国カリフォルニア州)の開発した搬送ロボット「Relay」とショーケース・ギグ(東京都港区)の手掛けるモバイルオーダーサービス「O:der」を使った実証実験を行う。森トラストによると、オフィスビル内でのデリバリーサービスとしては国内初の事例。
 
同実証実験は、注文者がオフィスや1階の同カフェなどからスマートフォンアプリでメニューを注文・決済することで、ロボットが目的地まで商品を搬送するというサービスの試み。森トラストは同実証実験を通じ、高層ビルにおけるデリバリーサービスのニーズや利用者の満足度、店舗の運営区立や事業性などを検証していく。

<出典:住宅新報>

八丁堀で新規オフィスビル開発に着手 サンケイビル

サンケイビルは12月10日、オフィスビル開発事業「(仮称)S-GATE八丁堀プロジェクト」に着手したと発表した。
 
同事業の計画地は東京都中央区八丁堀三丁目で、JR・東京メトロ八丁堀駅から徒歩2分の立地。敷地面積は483.65平方メートルで、建物は鉄骨造りの地上10階建て、延べ床面積は3936平方メートル。竣工は20年春を予定している。

<出典:住宅新報>

13日、新潟市で「VR内見」活用セミナー開催 ナーブ

ナーブ(東京都千代田区)は12月13日、新潟市で「『VR内見』活用セミナー」を開催する。実際の導入企業や検討中の人を対象としたもので、成功事例や活用方法を紹介する。会場は新潟駅南貸し会議室&レンタルスペース「パレス」(新潟市中央区南笹口1の8の1)。申し込みは12月12日午後6時までに同社セミナー担当まで。電話番号03(6635)6199。
 
同社のVRソリューションは全国5399店舗に導入(18年9月末時点)されている。同セミナーは、今後も東京や大阪などで開催していく予定。

<出典:住宅新報>

駅前商業施設「川崎ルフロン」、20年夏までに3段階の大型刷新

日本リテールファンド投資法人が所有し、住商アーバン開発が運営・管理を行う商業施設「川崎ルフロン」(神奈川県川崎市)は、20年夏までに段階的なリニューアルを行う。両社が12月11日に公表した。
 
同施設はJR川崎駅から徒歩1分の立地で、88年に開業。延べ床面積は約8万8820平方メートルで、JR川崎駅東口では最大の床面積(両社調べ)を誇る。
 
今回のリニューアルでは、まず19年4月にフードコートを新設し、一部専門店の営業を開始する。続いて19年の夏から秋に、新たな大型スーパーマーケットなどをオープンし、20年夏に水族館を新設してリニューアルを完了する。駅前既存商業施設に水族館を新設するのは、国内では初の試み(両社調べ)。また店舗の刷新と併せて、「開業以来最大規模」(両社)の施設環境デザイン変更も行う。

<出典:住宅新報>

「大手デベ初」保険業界に参入、少額短期保険会社を設立 東急不

東急不動産はこのほど、東急少額短期保険(東京都渋谷区、川崎雄介社長)を設立・開業し、大手ディベロッパーとして初めて(同社調べ)保険業界に参入した。同新会社の設立は4月で、開業日は12月3日。資本金は2億9950万円で東急不動産が100%出資した。
 
同新会社は今後、東急不動産グループで展開するオフィスビルやマンション、商業施設、リゾート施設など、幅広い分野で「少額・短期」の保険商品を企画・販売していく方針。

<出典:住宅新報>

二級・木造建築士「設計製図」試験合格者を発表 建築技術教育普及C

建築技術教育普及センターは12月6日、18年の二級建築士試験および木造建築士試験の「設計製図の試験」について、合格者発表を行った。
 
今回の二級建築士「設計製図の試験」は受験者数は1万920人(前年比83人増)で、合格者数は5997人(同234人増)、合格率は54.9%(同1.7ポイント増)。「学科の試験」受験者も含めた総受験者数に対しての最終合格率は25.5%だった。
 
また木造建築士「設計製図の試験」については、受験者数が316人(同9人減)、合格者数が205人(同42人減)、合格率は64.9%(同11.1ポイント減)。最終合格率は35.8%となった。

<出典:住宅新報>

ページ移動